>

不動産会社にはこれだけの種類が存在している

不動産の販売

ただ単に不動産会社と言いましても、その種類は結構あります。
その中でも有名なのをいくつか取り上げていきます。

一つ目は、いわゆる不動産を「販売」している会社です。
販売というわけですから、不動産を売ったりときにはどこかから買ったりしているというわけです。

その不動産販売会社の大まかな仕事内容についてお話します。
あくまでも一部になりますが、土地の分譲や売買をしたり、中古や新築問わずに建売住宅やマンションをその建物の売り主に代わって、もしくは自らが売り主になって販売し、それに関する必要なやり取りや事務作業を行っています。

また、一部の不動産販売会社では、建築業務つまりは建物を建てるということも一緒に行っていることもままあります。

不動産の仲介

もう一つ、皆さんが普段から接していることが多いであろう不動産会社をお話いたします。

それは、不動産の「仲介」を行っている会社です。
その名の表す通り、他人が所有している土地や建物などの不動産を他のお客さんに仲介しているところです。
そして、その所有者とお客さんの間に立って、さまざまなやり取りを行っていくのが主な仕事です。
最近増えてきたのが、アパートなどの賃貸住宅を仲介している会社です。
なので、もしかすると知らず知らずのうちに我々もお世話になっていることがあったでしょう。

また、こういった会社の特色と言うのが、いわゆる全国チェーンの不動産会社もあれば、家族経営の不動産会社も存在しているというまさに個性的なところもあるということです。


この記事をシェアする